2021年9月9日木曜日

【お知らせ】豊田市内で撮影が行われた「僕と彼女とラリーと」いよいよ全国公開!豊田9/24~ 全国10/1~

昨年11~12月に豊田市内にて撮影、のべ500人以上のみなさんにエキストラ出演もいただいた映画「僕と彼女とラリーと」がいよいよ公開されます!
ぜひ映画館でご覧ください!

僕と彼女とラリーと
監督・脚本/塚本連平
出演/森崎ウィン  深川麻衣  西村まさ彦  竹内力  佐藤隆太  田中俊介  小林きな子  有福正志  小林涼子  よしこ(ガンバレルーヤ)   佐藤一和  大島蓉子  赤間麻里子  大久保運  酒井貴浩  安住啓太郎  五島百花  湊祐  中西緑  上田一颯
主題歌/加藤ミリヤ「JOYRIDE」
2021年製作/105分/日本
配給:イオンエンターテイメント、スターキャット

イオンシネマ豊田KiTARA 9月24日(金)先行公開
ムービックス三好ほか 10月1日(金)全国公開

「僕と彼女とラリーと」公式サイト → https://bokukano-rally.com/index.html
最新情報は公式ツイッターにて → https://twitter.com/bokukano_rally

イントロダクション
故郷をもつ私たちの心に染みわたるオリジナル・ヒューマンストーリー!
主人公・北村大河を森崎ウィン(『レディ・プレイヤー1』(18)・『蜜蜂と遠雷』(19))、大河の幼馴じみで地元に暮らす上地美帆を深川麻衣(『おもいで写眞』(21)、NHK大河ドラマ「青天を衝け」(21))の若手実力派俳優二人が共演。西村まさ彦、竹内力、佐藤隆太など個性豊かな実力派俳優が集結し、『今日も嫌がらせ弁当』(19)の塚本連平が監督・オリジナル脚本を手掛ける。主題歌は”時代の代弁者”と称されるシンガー・ソングライダー加藤ミリヤの書き下ろし楽曲「JOYRIDE」。
モータースポーツ・ラリーを通して過去の確執と向き合い乗り越えようとする若者の“新たなチャレンジ”と、“故郷の仲間たち”との繋がりを、移りゆく自然豊かな美しい四季折々オールロケで描き出す心あたたまる物語が誕生した。
2011年11月「FIA世界ラリー選手権(WRC)第12戦フォーラムエイトラリージャパン2021」開催地、愛知県豊田市・岐阜県恵那市が舞台。

ストーリー
順調とは言えない毎日、幼い頃から抱く父への不満、心に燻る微かな想い…
生まれ育った町に帰り、未来に向かって走りだした先でみつけた“大切なもの”とは―。

大学進学を機に上京し役者を目指す大河(森崎ウィン)は、ある日突然、地元で暮らす幼馴染の美帆(深川麻衣)から父(西村まさ彦)の急死を知らされる。父はラリーで数々の栄誉に輝いたメカニックで、今は豊田市の外れで「北村ワークス」を営んでいた。
しかし、大河は幼い頃死別した母を想い、家庭を顧みなかった父を今も許せておらず、釈然としない思いのまま久しぶりに故郷へ帰る…。

実家ではエリート銀行員の兄(佐藤隆太)が、優秀なメカニックの父なしに経営存続は難しいと考え、「北村ワークス」を畳む決断をする。一方、大河は実家で兄と遺品整理する中で父の知らなかった過去に初めて触れる。さらにシングルマザーとして奮闘する美帆や、父が若き日にともにラリーをめざした親友・宮本武蔵(竹内力)、路頭に迷う従業員(田中俊介、小林きな子、有福正志)たちと向き合ううちに、父の残した本当の思いに気づき、自分自身と仲間たちの再起をかけてラリーにチャレンジしようと決意する。
しかし、素人の大河、頼りない仲間たちとの挑戦には、予想もしていなかった困難が待ち受けていた――。