2020年10月26日月曜日

【映画祭】11/7「第10回 知多半島映画祭」開催

短編映画上映、知多半島ゆかりの招待上映や映画製作など精力的に活動、映画祭開催をされてきた知多半島映画祭が今年第10回目開催!
知多半島映画祭応援してます!

第10回 知多半島映画祭
【日時】11月7日(土)受付9:00 開場9:30 開演10:00 終演17:30(予定)
【会場】東海市芸術劇場
【入場料】《当日券》1,000円(税込み)
*当日券のみ
*大学生以下、無料(学生書の提示が必要)
*東海市芸術劇場4Fチケットブースにて販売
*11/7の全作品が鑑賞可
主催者サイト → https://chitaff.com/news/p939/
【招待作品】10:00〜
招待作品:神さまの轍
作道監督と津田寛治さんのスペシャルトーク
〜「知多半島と映画」を語る〜
【コンペ部門】13:00〜
No.1 VR職場 監督:高島 優毅 / 上映時間:27分
No.2 欲望の怪物 監督:松本 卓也 / 上映時間:30分
No.3 ASTRO AGE 監督:小川 貴之 / 上映時間:24分
No.4 はなうたの鳴るほうへ 監督:加藤 秀麻 / 上映時間:20分
No.5 Vtuber渚 監督:GAZEBO / 上映時間:30分
※各作品上映後に「トークショー & 換気」を行います
【表彰式】17:00〜
コンペ部門 表彰式
総合司会:松岡ひとみ

知多半島映画祭のこと
まず私自身、行政関係者でなければ映画関係者でもありません。
一般市民の想いとして個人で2011年に知多半島映画祭を起ち上げました。
2017年度には「知多半島映像プロジェクト」と称し、知多半島で短編映画を製作致しました。
映画祭や映画製作などで知多半島を発信できれば映画やドラマなどのロケ誘致にもつながります。
この映画祭の特徴としては、ゲストは知多半島にゆかりのあるゲストにこだわり、もう一つは、全国からショートフィルムを募集し、優秀な作品を上映することにあります。ショートムービーというのは、まだまだ皆さんに認知されていない部分が多いです。
そして最終的にはフィルムコミッションの設立。
知多半島には5つの市と5つの町があり、それぞれ魅力的な5市5町が連携すれば「映画の力」によって知多半島という舞台をよりPRすることが出来ます。
また例えば市民の方が映画やメディアに出演したとします。そうしたら、その人のご家族や友達にも喜んでもらえると思います。
フィルムコミッションで映画を誘致した、ロケ現場を経験した、出演した、映画祭を楽しんだ、など「映画やメディアの力」によって知多半島の皆さんを喜ばせてあげたい!
これこそ知多半島で私自身の実現したい切なる想いです。
代表 鈴木啓介